薬学生就職支援・スマホアプリケーション開発・人材紹介コンサルタント

ファーマプロダクト苦手克服講義動画アプリ情報

  • HOME »
  • ファーマプロダクト苦手克服講義動画アプリ情報

守ケ洞順先生の苦手克服講座 講義動画アプリテキスト

「有機化学の反応が解らない・・・それ以前に有機化学がそもそもわからない・・・」
「参考書や問題集の解説を読んでも、そもそも書いてあることがわからない・・・」
そんな方のために、基礎中の基礎<周期表から軌道、混成軌道、芳香族性、国家試験で点数を取るための命名法>の範囲から、業界トップを走り続けるカリスマ講師・守ケ洞先生が楽しく講義!
歴代の受験生に「有機化学の神!」と言われる守ケ洞先生の講義で、有機化学の苦手意識をぶっとばしちゃいましょ!

iPhoneの方はこちら → AppStore
Androidの方はこちら → Google play

科目 講義内容
有機化学Ⅰ 入門編 ①原子の電子配置
②化学結合と混成軌道
③芳香族性と共役・共鳴
④医薬品に含まれる複素環
⑤医薬品のIUPAC命名法
有機化学Ⅱ
立体化学・ハロゲン化アルキルの反応編
①立体配置
②立体配座
③ハロゲン化アルキルの求核置換反応(SN反応)
④ハロゲン化アルキルの脱離反応(E反応)
有機化学Ⅲ
アルケン・芳香族化合物の反応、酸・塩基の強弱編
⑤アルケンの求電子付加反応
⑥芳香族化合物の反応
⑦酸・塩基の強弱
有機化学Ⅳ
カルボニル化合物の反応編
1.ケトン・アルデヒドの求核付加反応
2.加水分解反応
3.カルボン酸誘導体の反応
4.炭素-炭素結合生成反応
5.酸化還元反応
6.転位反応

伊藤文子先生の苦手克服講座 講義動画アプリテキスト

予備校で全日制の学生から、「もっと早くに出会いたかった!」「こんなに薬物動態学ができるようになるとは!」と言われている伊藤文子先生の薬物動態学の講義を収録!計算問題を解くための極意を習得して、計算を完全攻略だ!

iPhoneの方はこちら → AppStore
Androidの方はこちら → Google play

ファーマコキネティクス(基礎編) ~薬物動態学の計算~

講義内容 内容
1.静脈内投与編 静脈内投与における血中濃度と時間の関係、分布容積(求め方Ⅰ~Ⅲ)
2.経口投与編 初回通過効果、投与領と循環血中移行量との関係、経口投与における血中濃度と時間の関係
3.消失過程編 消失のパラメーター、消失過程の速度論的考え方、クリアランス、消失速度
4.生理学的モデル編 組織クリアランス、肝固有クリアランス
5.AUC編 AUCの算出、AUCの意義
6.平均滞留時間MRT編 モーメント解析法
1-コンパートメントモデルに従う場合
7.静脈内投与におけるグラフ編 血中濃度のデータ・AUCのデータ・消失速度・尿中排泄速度の経時変化・Xuの経時変化による得られるグラフ
8.経口投与のグラフ・2-コンのグラフ編 Cとtの関係、Cmax、tmax に影響を与える因子、とんぼ返り現象、残余法によるka、keの算出法
2-コンパートメントモデルのグラフ

ファーマコキネティクス(応用編Ⅰ) ~点滴・くり返し投与の計算~

講義内容 内容
9.点滴静注編 点滴静注の考え方、Cssの求め方、Cとtのグラフとデータ、点滴静注における投与計画
10.連続投与(くり返し投与)編 連続投与の考え方、平均血中速度の求め方、連続投与における投与計画

小林先生の苦手克服講座 講義動画アプリテキスト

生化学を制する者は国家試験を制す!生化学が苦手な君は国家試験の壁は乗り越えられない!ファーマプロダクトの人気講師、小林講師に乗り越えさせれない壁はない!生化学が苦手な君、そして、苦手ではない君もこの機会に今すぐダウンロードを!

iPhoneの方はこちら → AppStore
Androidの方はこちら → Google play

生化学

科目 講義内容
細胞の構造と機能 ・原核細胞と真核細胞の比較
・細胞分裂と細胞死
・細胞膜の構成成分(リン脂質、糖脂質、コレステロールなど)
・細胞膜、細胞小器官、細胞骨格など
生体エネルギーの代謝 ・糖質の代謝
・脂質の代謝
・アミノ酸の代謝

齋藤篤先生の苦手克服講座 講義動画アプリテキスト

痒いところに手が届く講義を!薬理学は薬剤師国家試験問題の花形科目!だからといって全ての範囲が勉強しやすい訳ではない!諸君の苦手な範囲が存在するはず!その範囲が『抗悪性腫瘍薬』ならびに、『抗病原生物薬』ではないだろうか?ファーマプロダクトの若手筆頭株、齋藤篤講師がその苦手範囲の克服をサポート!

iPhoneの方はこちら → AppStore
Androidの方はこちら → Google play

薬理学1

科目 講義内容
抗悪性腫瘍薬 ・アルキル化薬
・代謝拮抗薬
・抗腫瘍性抗生物質
・分子標的治療薬
・植物性抗悪性腫瘍薬
・ホルモン治療薬 など
抗病原生物薬 ・抗菌薬(細胞壁合成阻害薬、タンパク合成阻害薬、その他)
・抗ウイルス薬(抗ヘルペス薬、抗HIV薬、抗インフルエンザウイルス薬)
自律神経系に作用する薬物 ・交感神経
・副交感神経に作用する薬

薬理学2

科目 講義内容
内分泌系(ホルモン)及び内分泌薬理 ①視床下部ホルモン
②脳下垂体前葉ホルモン
③脳下垂体後葉ホルモン
④副腎皮質ホルモン
⑤性ホルモン
糖尿病とその治療薬 ・膵臓ホルモン
・糖尿病
・糖尿病治療薬
脂質異常症とその治療薬 ・脂質運搬の流れ
・脂質異常症
・脂質異常症治療薬
PAGETOP
Copyright © Pharmafield Co., Ltd. All Rights Reserved.